読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるようになるかも

力は多くの場合、その人の思いを超えない。

Java版Foundationのこと、覚えてる?

qiita.com

素朴な疑問があったので投稿してみました。これはその補足みたいなもの。

CoreData

CoreDataって凄く独特な世界観を持っていて扱いづらいと思った人が多いのではないでしょうか。

なんでこんなのがXCodeやInstrumentsのテンプレートに居座っているのか理解できない、関連張ると動作が重くなりすぎて使い物にならない、CoreData内部の良く分からないエラーに悩まされている、普通にSQL書きたいからFMDB使ってます、幻滅しましたRealmに移行します、そんな雰囲気だと思います。

CoreDataの原型は、NeXTのFoundationが用いられた最初の製品であるEnterprise Objects Frameworkです。

20年前にデータベース製品の学習コストの高さと、オブジェクト指向言語とのインピーダンスミスマッチの問題に取り組んだこの製品は、普及はしませんでしたが思想的な面などでは高い評価を得たそうです。AndroidのORMは栄枯盛衰でどれを使えばいいのか悩むのですが、iOSにはEOFの血脈を受け継いだCoreDataがいるのです。感動的ですね。

WebObjects

まぁCoreDataは本気でどうでもよくて、その原点たるEOFを発展させた世界初のWebアプリケーションフレームワークWebObjectsというNeXTの主力製品がありました。

これは「WWW経由でRDBMSからオブジェクトをフェッチし、HTMLにレンダリングする」という雰囲気の、こちらも概念としては面白いフレームワークで、主にエンタープライズ向けの製品だったので一般にはほとんど普及しなかったにも関わらず、コアなファンがいるとかいないとか。いないかも。

Apple内製では未だに現役みたいで、例えば今でもAppStoreはWebObjectsで動いています。

Java Foundation

WebObjectsもNeXT由来なのでObjective-Cで書かれていたのですが、Javaに完全移行した時代がありました。

全てをFoundationに依存していたWebObjectsが、Javaへ移行するために取った手段が、Foundationのクラス群をそのまま同名でJavaに再実装するという暴挙でした。

これは現存するJavaDocを読むと面白いです。中核技術だったKeyValueCodingの扱いとか、セレクタはReflectionだったりとか、カテゴリに相当する機能は実現できなかったりとか、ArrayListではなくNSArray使わなければならないとか。(KVOプロトコルのリファレンスに、「キー値監視はJava Applicationでは使えない」って注意書きがあるのもこの辺の名残だと思います、これいつ消えるんだろう…)

com.webobjects.foundation (WebObjects 5.4.2 Reference)

この前例を見る限り、「Foundationが徐々にSwiftのように洗練されていく」という可能性は低いかなーと思っています。

他言語に移植・移行するには、Foundationの持つ機能は、Objective-Cの言語仕様そのものすぎるのです。また、依存している多くのフレームワークが影響を受け互換性を失うデメリットと釣り合わないと思いますし、Swift型推論による安全な静的型付け言語であることを選択し、Smalltalk由来の動的型付けの機能を喪失したことも、移行を阻害する大きな要因になると思っています。

とはいえ

今からObjective-Cを書くのは半分くらいは技術的負債だと思っています。

KVCのせいで実質的にprivateなインスタンス変数は作れない、高速列挙プロトコルとか記憶から抹消した方がマシ、blocksにGCD、weakにnullableにGenericsと詰め込みすぎてもう意味が分からない言語になってます。

一方で、Core系のAPIを使うにはまだまだC互換言語の知識が捨てられません。

Swiftは当初、「Objective-C without the C」と大々的に宣伝されました。自分はこのフレーズにとても期待しましたが、Swiftでも関数ポインタが絡むAPIの辛さは軽減されないどころかむしろ酷くなっていて、特にクロージャを関数ポインタに逆変換する術がなくて詰むことが多いです。CFuntionPointerUnsafeMutablePointerで頑張るくらいなら普通にObjective-Cで書いた方がはるかにマシという感じです…。

とはいえSwift移行の大号令は近いうちにかかるでしょう。ただしそのとき殺す相手は、LLVM中間コードによるネイティブ並の動作を謳う、RubyMotionやXamarinのようなプロダクトなんじゃないかなぁ、その方がAppleらしさを感じます。

逆にSwiftがグダってくれれば、高級言語選択がもっと自由になるのかも。